不妊治療で有名な病院を受診しよう|子供を諦めない

妊婦

夫婦で話し合って治療開始

メンズ

不妊は女性だけに原因があるわけではありません。しかし、男性不妊はあまり知られていません。実に男性側の原因は半数に上ります。不妊治療は夫婦で行うものですので、受診をする場合は、よく話し合って決めましょう。

子どもを考え始めた方へ

看護師

どんな治療がしたいのか

子どもが欲しいなと考えて自己流でトライしてみたものの、なかなか妊娠できない。不妊治療を考え始めるのは、ちょうどそうした頃だと思います。不妊治療で有名な病院は各地にありますが、どのように選べば良いのでしょうか。まずは、治療でどこまで行いたいのか考えましょう。有名な病院でなくとも、不妊の検査までなら、レディースクリニックなどでも検査ができます。次に、予算と期間を決めましょう。不妊治療は保険対象外の治療が多いことで有名ですよね。このため、あらかじめ予算を決めておく必要があります。期間については、焦らずゆっくり治療したい方はタイミング法から始めると良いでしょう。年齢が高めの方や婦人科系の疾患などがあり、短期間で治療を行いたい方は、体外受精や顕微受精などで有名な病院を探されると良いですね。

クリニックの成り立ち

不妊治療で有名な病院は、治療の方針や病院の成り立ちなどによって違いがあります。例えば、高度な治療よりも、冷えや漢方など、女性のもともと持っている身体の機能を改善することに特化している病院があります。また、内視鏡による手術ができ、婦人科系の疾患を治療しながら不妊治療できる有名な病院もあります。また、体外受精や顕微受精など、高度な不妊治療に特化した病院もあります。さらに、高度な不妊治療も刺激系や自然周期など、方針によって治療頻度が変わってきます。気になる病院があれば、どのような成り立ちでできたクリニックなのか調べてみましょう。ご自身の価値観、考え、ニーズに合っている所を選ぶことが、治療を続ける際に必要となってきます。

母子の健康を守る栄養素

乳児と婦人

妊婦は胎児や母体の健康のために、栄養を意識した食事を取っていく必要があります。特にカルシウムは不足しがちな栄養となり、胎児の歯や骨の形成に欠かせない成分となります。不足してしまうと妊婦に悪影響となってしまうため、工夫をしながらでもカルシウムを摂っていかなければいけません。

安心して出産するために

妊婦

お腹の赤ちゃんは、臨月になるといつ生まれてきてもおかしくないので、入院準備や産後に必要なものの準備をしておくようにしましょう。また、胃への圧迫感が減り食欲が増すことがありますが、血行が悪くなることもあるので体重の増加には気を付けましょう。