最新のディスペンサーで節電と作業効率の両方を実現

街

ビル内のエネルギー管理を一元化できるBEMS

BEMSは、ビルエネルギー管理をする設備の総称です。ビル内のエネルギーの管理、データの収集と分析を行なっています。店舗や病院など様々なところで活躍しています。

ビジネス

液体の定量吐出が可能!ディスペンサーでバラつきをなくそう

溶剤などの塗布作業をディスペンサーによって機械化することで、効率性や安全性が上がり、作業がしやすくなるメリットがあります。ディスペンサーを導入すると、塗布量や位置のバラツキが生じにくく、正確に作業を行うことができます。

ビル

BEMSでエネルギー使用量を制御することが可能

BEMSを導入することにより、企業や会社のビル管理において省エネやエコ対策がしっかりできるようになります。経費削減へつながり、コストを抑えることもできるので上手にやりくりすることができ経営状況も安定することができます。

Review

パソコン

ディスペンサーを導入して良かった人の口コミ情報

ディスペンサーは、作業効率を上げるだけでなく、製品の品質をハイレベルに保つことで不良品の発生率も低減することが出来るのが魅力です。機能が充実し、各種アクセサリー類も豊富に揃っている製品を選ぶと良いでしょう。

ビル

電気代が削減できるBEMSでコスト削減が叶う

管理する建物の規模が大きくなればなるほど、運用の手間やコストは増加しますが、BEMSの導入によって無駄を省いた適切な管理ができるようになります。トラブルにも迅速かつスムースに対応できるため、満足度の向上にも良さそうですね。

システム

一定量の吐出なので安心!初心者でも使いやすいディスペンサー

ディスペンサーをうまく活用することで、現場にベテランの作業従事者がいなくても安定した業務を行えるようになります。製造の属人性から解放されるための一つの手段にもなるでしょう。

ディスペンサーは企業にとって常に使い続けられている大事な機械

地球温暖化の原因の一つとして、二酸化炭素が地球上にとどまり続けていることが挙げられます。これを少しでも解消するためには、BEMSなどといったシステムを使って電気使用量のカットをしなければなりません。BEMSといった制御システムは、主に企業によって使われています。地球上の二酸化炭素量が増えたきっかけとしては、地球に住む一人一人がエネルギー排出の多い生活をするようになったから、ともいえますが、企業の経済活動によるエネルギー排出のほうが多くの割合を占めているのです。そのためシステムが必要とされていますが、同時にディスペンサーのような機械の使用を制御することはできないという問題もあります。この解決策としては、ディスペンサーを新しいものにするという方法があります。機械は使用している内に古くなり、その度に電気の使用量が上がっていきます。新しいディスペンサーにすることでその問題を防げるのです。また、最新の機械は塗布する液体の量を細かく調節できるため、作業効率も上がります。

[PR]
BEMSシステムを導入しよう
ビルの省エネ対策にピッタリ☆

[PR]
マイクロスコープ販売の専門店
高品質な製品が満載☆