HOME>Column>ビル内のエネルギー管理を一元化できるBEMS

ビル内のエネルギー管理を一元化できるBEMS

街

BEMSを導入するメリット

BEMS(ベムス)という言葉を聞いたことありますか。簡単に説明すると、ビル内のエネルギーや環境の管理を1度に行えるシステムです。省エネ設備として店舗、病院などに導入されています。building energy management systemを略してBEMSと呼ばれています。ビル内の設備と連携し、適切な温度や照明になるように調節します。そしてデータを集め、分析します。余計なエネルギーを使うことがなくなります。省エネになり光熱費の節約できることがBEMSの大きなメリットです。実は10年以上前からあったのですが、省エネが流行りだしてから広く知られるようになりました。今ではたくさんのビルに設置され、多くの人が利用しています。

男性

契約電力を超えない

ビルには空間や照明のセンサー、電気やセキュリティ、衛星の設備まで様々な種類の機械があります。単独で動かし続けると電気代がバカにならないのです。例えば、人が居ないのにエアコンがガンガンついたままになっていると、高い電気代がかかってしまいます。BEMSはそんなエネルギーの無駄づかいを防いでくれます。BEMSと似たようなものでFEMS(フェムス)が存在します。BEMSはビルや向けで、FEMSはもっと大きな建物に向きといった違いがあります。BEMSは省エネを実現するのにぴったりです。設備をネットワーク上で制御し、自動でいちばんよい状態にしてくれます。太陽光発電や蓄電池との連携も可能で、さらに節電ができます。