不妊治療で有名な病院を受診しよう|子供を諦めない

赤ん坊と婦人

夫婦で話し合って治療開始

メンズ

産婦人科でなく泌尿器科へ

赤ちゃんが欲しくてもなかなか授からない、そう悩んでいる夫婦はたくさんいます。そして不妊に悩む夫婦でも、原因は女性の方にあると考えている人が多いと言えるでしょう。また周りの環境も、不妊=女性と考える風潮はまだ根強く、男性不妊は広く知られていないのが現状なのです。しかし実際の不妊の原因を調べてみると、不妊の原因が男性側にある場合は約半数で、しかも年々増えているというデータがあります。つまり、不妊の原因は男女とも同じように可能性はあるのです。しかし、男性不妊が知られていないのには理由もあります。それは病院へ調べに行きにくいという現実があるからです。一般的に不妊を疑った場合、まず訪れる病院は産婦人科でしょう。しかしご存知の通り産婦人科の患者さんはほとんどが女性です。そもそも男性が訪れるというような雰囲気ではなく、病院で調べること自体を拒否する男性が多いことから、男性不妊は広く知られていないのです。そこで男性にも気軽に検査が受けられる泌尿器科での不妊検査が人気なのです。

急がば回れで夫婦納得

実は男性の不妊検査は泌尿器科でも受けることが出来ます。男性不妊の原因はいくつかありますが、精巣はきちんと機能しているのに、何らかの原因で精子が通る道が塞がってしまっている場合があります。もし、精路が塞がっていることが原因でないのなら、精子の量が少なかったり無精子だったりすることも考えられます。その場合は産婦人科に行き診察と治療をすることになります。妊治療は早めに始めることがベターですが、夫婦が納得している形で進めていくことが大切になります。